日本で投資が浸透しない原因について考えてみた

日本で投資が浸透しない原因について考えてみた

皆さんの周りに投資をしている人はいるでしょうか?日本は海外に比べて投資が浸透していないそうです。

これまで興味が無かった僕が言える立場ではないですが(笑)そこで日本で投資が浸透しない原因について考えてみました!

マイユニバーサルウォレットのHPへ

日本人独特の考え方

日本人はお金は一生懸命働いてコツコツ貯めるのが美しいと考える人が多いですよね。僕も以前は投資で楽をして稼いでいる人のことをどこか好きにはなれませんでした(笑)

でもマイユニバーサルウォレットで投資に関ってからは、どうして以前の自分がそんな風に思っていたのかがよく分かりません。

苦労に耐えて頑張っている人はもちろん尊敬しますし、そういう姿は美しいと思います。だからと言って体を動かさずにお金を稼ぐことがいやしいことと思うのはやっぱり違いますよね。

バルブ崩壊前の時代

現代ではもう変わりつつありますが、昔は良い大学を出て、良い会社に入れば、年功序列で給料は上がり、さらに終身雇用まで約束されていました。

そんな中でわざわざ投資なんてする必要はありませんよね。定年まで給料が上がっていくので、貯金さえしていれば問題無かったと思います。でも今の時代はそんな風にはいきません。

非正規雇用の人はたくさんいますし、正社員でも自分の将来が約束されている人なんてなかなかいないですよね。給料は上がらないのに携帯電話やインターネットの固定費は増え、貯金もままならない状態の人が多いはずです。

そういった時に自分の資産を上手く運用しなければいけないとみんなが気付き始めたのでは無いでしょうか。

海外との教育の違い

海外は日本と比べて投資が盛んな国が多いですが、その理由の1つに教育の違いがあるようです。

たしかに子供の時に投資や金融商品のことを教えられた記憶はありません。覚えてないだけかもしれませんが(笑)どちらにしても、日本で生活をしていて、小さいころからそういった投資のことを前向きに勉強できる機会って無かった気がします。

海外でそういった教育がしっかりされている国は、投資に興味を持ちやすくなりますし、投資で稼ぐことにネガティブな印象は持つことはありません。

こう考えていくと僕が投資のことに興味が出なかったのも、無理はないかもしれません。そんな投資に興味が無かった僕でもマイユニバーサルウォレットで投資デビューできて、結果を残せているので、始めて本当に良かったです!

マイユニバーサルウォレットのHPへ TOPページを見る